リードナーチャリングの方法

Webコンテンツの充実

顧客があなたの会社に興味を持つタイミングは、商品情報や社名などをネット検索やSNSなどで見かけたことがきっかけであることが多いでしょう。
自社ホームページへ到達した顧客に、ブックマーク登録をしてもらったり、メールマガジンの登録をしてもらえるよう促すためには、顧客にとって有益な情報を多く掲載することが大切です。
また、再訪の度に、常に新たな情報が掲載されていると、より関心を深めてもらう事に役立ちますから、しっかりとコンテンツ管理、更新頻度の調整を行っていく様にします。
それにより、閲覧者のファン化を促し、企業への親近感、商品への興味を向上させ、購入意欲を強めていくのです。
コンテンツの作成や管理には時間や手間がかかりますので、選任の担当者を配置するか、外部の企業に委託し、決して放置しない様にします。

リード情報をもとに働きかける方法

ホームページ閲覧や展示会などでの名刺交換などでリードの情報を得た場合、企業側から情報発信することも効果的です。
その際によく用いられる方法にはメール(メルマガ)配信があります。
必要な情報はメールアドレスだけなので、始めるにもコストはほとんどかかりませんし、クリック率や開封率などで効果測定をすることができるという特徴があります。
顧客側からも、企業が自分を意識してくれている、と好感を持ってもらえる可能性もあります。
また、スマホからの閲覧が容易なSNSを活用するのも、顧客との交流を活発にできます。
定期的な情報発信も容易で、好感を持ってもらえた場合、拡散に一役買ってもらえることもあります。
そして、セミナーやイベントで、直接顧客に会う機会を創出したり、遠方で来場が難しい方へのオンラインセミナー開催なども、リードとの接触機会を増やし、信頼関係の構築に効果的です。


▲ TOPへ戻る