閲覧者を顧客にする方法

顧客育成により生じるメリット

リードが購入まで至るプロセスが長期化傾向にある為、短期的な成績を求められることが多い営業部門では、継続的なフォローが難しい場合も多いです。
「リードナーチャリング」を仕組化してしまう事で、営業スタッフの工数を最低限に抑えたり、あるいは、マーケティングセクションで対応することも可能になります。
また、既に獲得したリードの活用ですから、いわば資産の再利用となります。
とはいえ、一度は興味をもって問い合わせをしてきた相手ですから、アクティブな顧客になる可能性が高いはずです。
新規でリード獲得を試みるよりもコストを欠けずに行える活動なのです。
継続的に、適切な時期にお役立ち情報を提供していくことで、リードの行動や興味を可視化でき、ニーズが高まったタイミングで営業担当への連動が可能になります。
営業担当のモチベーションも向上させるのにも役立ちます。

リードナーチャリングのデメリット

見込み客を育成することが「リードナーチャリング」の目的ですから、即効性が期待できる方法ではありません。
時間をかけ、いわば信頼関係を築いて行くことで、徐々に購買意欲を育てていくのです。
当然、集客力を持つサイト運営ができていないと、リードを潤沢に確保する事ができません。
既存のリードだけでなく、継続的に獲得できる手段も、並行して講じていくことも重要です。
そのため。Webページに、閲覧する方が何度も訪問したくなるような内容を多く掲載したり、獲得したリードに、長期にわたり継続的に提供する、役立つコンテンツを多く用意しておく必要があります。
その様なコンテンツ制作や提供するフロー整備に人的なリソースを割くことになります。


▲ TOPへ戻る